〜ひっそり〜

2人の記録。

4時間♡

お部屋デート

してきた✩︎⡱


私たちの間で

4時間デート出来る時は

カフェとお部屋の確率は

半分半分って感じ( ˘͈ ᵕ ˘͈ )


バタバタするのが

お互いに苦手だから

その時のお互いの気分で

決める事になるのです


今回は2人迷わず

お部屋を選択♡


短時間デートの時は

いつも通りの

待ち合わせ場所から

直接お部屋へ〜。。


いつもはカフェに寄り

お喋りを楽しんでから

お部屋なんだけど

短時間デートの時は

それが無いので


お部屋に入ると

お約束の彼はお風呂を〜

私はお部屋の温度調整を〜


ってしている間も

ずーっと2人で

お喋りが止まらない 笑


お風呂が出来るまで

ソファに座って


フロントに

スムージーを頼み


持ってきてもらうまでも

ひたすらお喋りを楽しむ(*^_^*)


スムージーが来たら

それを持ってお風呂へ❤️


片時も彼から離れない私に

彼は甘々で 笑



それまでの会話の内容は

会えなかった期間の

お互いの報告。


敢えて仕事の話は

出さなかった。


「ナツ、もっと本音を

吐き出したら良いんだよ。

僕の前で遠慮する事は

何一つない。」


優しい彼は

まだまだ私が

吐き出せていない

仕事でのストレスを

話を聞く事で

落ち着かせてくれようと

している。


そして彼の仕事話もしながら

私の気持ちを

聞き出してくれる。


今回私が大きな壁にぶつかり

初めてこんなに沢山の弱音を

聞いてもらった。

そしてお互いの仕事の

詳しい環境も知った。


基本2人でいる時に

お互い愚痴を言わないし

明るく前向きな話をしてきた


彼はポジティブだし


「人って悪口や愚痴を言う時

眉間にシワが寄り、険しくなる。

それって醜いし、好きじゃない。」



かなり前に

彼が言ってたのを

私はずっと覚えていて。


だから今回も

彼に言うのをかなり躊躇った。


でも、今回は彼の意見も

聞きたかったし

素直に彼に寄りかかりたかった。


彼には前回


“◯◯←彼の事 は

余り聞きたくないと思うけど〜”


って前置きをして

私の会社の状況を喋り始めた。


そして今回も彼は


「ナツ、僕はナツ以外の人の

そんな話はあまり聞かない

かもしれないけど

ナツの事は何でも知りたいし

言って欲しいし

僕に意見出来る事があれば

させてもらうし、

良い時も、悪い時も

一緒に歩んでいこう。」


そんな事を

サラッと言ってくれる彼♡


支えてもらってるね。。


そんな話をしつつ

お風呂へ〜。。



今回のお風呂は

横にも大きく長方形で


いつもは後ろから

包み込まれるんだけど

隣同士に並んで座り

彼が私の肩を抱いてくれてる(*^_^*)


その状態は今の私を表してて


彼に寄りかかり

彼の優しさに包まれ

安心して彼に身を任せている。


お風呂の中でも

ずーっとお喋り。。


長時間のお喋りで

スムージーもなくなり

2人とも汗だくになり

お風呂から上がる。


もちろん私はフラフラで

彼に全身拭いてもらって

倒れこむ様にソファへ。。


「ナツ、大丈夫か??」


冷えたミネラルウォーターを

持って来て

飲ませてくれる彼


こぉして書いてると

ほんと手のかかる私Σ(゚д゚lll)


彼は呆れる事なく

付き合ってくれるんだから

本当に凄いなぁ。。


そして汗がひくと

ベッドで抱き合う(〃ω〃)


さっきまでの

堅い話から

甘く優しい2人の時間


優しく丁寧に

私の身体の隅々までを

愛撫する彼…


身体が反応し

声が漏れ、頭の中が快感で

真っ白になっていく。


一通りの波が過ぎると

彼におねだりする私


“◯◯が欲しい。。”



私が一番欲しいタイミングで

彼は私を貫く


彼と一つになれるその瞬間に

悦びを感じる


イク時は大きな快感の波に

飲み込まれる感じで

気持ち良いいけれど


いつも久しぶり一つになる

この瞬間が私は大好きで。。


そこからは

いつも通り攻守交代しつつ

快楽に溺れる。。


“もぅダメ。。

お願い、キテ…”



その言葉が合図で

彼は私の中で果てる


その後は2人抱き合ったまま

離れず、動けず、、


彼の腕の中で

余韻に浸る時間。。



幸せ♡



彼はいつもそのまま

少し眠りに入る💤


私は彼の顔を

ジックリ遠慮なく眺めてる(〃ω〃)



目覚めた時に

私の笑顔を見て欲しい!!


っていつも思ってるから(*^_^*)



そして目覚めて

お互いに微笑んで



「 “ 今日も凄かったね ”」



お互いに囁きながら

微睡む時間も大切で。。


短時間だったけれど

大満足のデート(♡ˊ艸ˋ)♬*



帰り支度をしている間に

彼はいつもコーヒーを

淹れてくれていて


2人でコーヒーを飲み終え

彼が入り口付近の

精算機で精算している間に

忘れ物チェックをする私(*^_^*)


そして

彼が先に靴を履き

私が後をついていく。



そして扉を開ける直前

必ずキスをする♡


それは私が決めた

2人のルール( ˘͈ ᵕ ˘͈ )


今日の感謝と

次のデートまで

会えないから


最後の最後に

触れ合いたい気持ちから

私が勝手に

始めた習慣 笑


何年も付き合っていると

扉を開ける前に


彼が振り返り


ん♡


って唇を出してくる(*^_^*)



そんな彼が

可愛いくて 笑


軽くチュッ💋として

私たちの甘い時間は終わり。。


そんなちょっぴり

切ないキス…


でもチュッとした後の

2人のはにかんだ笑顔(*^_^*)



また会おうね♡



口には出さない

お互いの想いが伝わる( ˘͈ ᵕ ˘͈ )




今日も素敵な時間を

ありがとぅ☆︎・゚:*